FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベガ対策(前編)

ちょっと奥さん!ギルティがゲーセンで稼動するんですって!
といった表題とは関係ないニュースに興奮を隠せない今日この頃w
みんなゲーセンでギルティやろうね!


ではでは本題。
久々の更新となる今回は、対ベガ戦。
地味にver.2012になってから初更新ですねw

ストⅣの頃から梅園さんやどぐらくんが身近にいたおかげで、
かなりの数をやってきたベガ戦。攻略の質としてはそれなりの物になっていると思います。

キャラ対策を書くときに思うことを少々。
攻略記事をそのまま実践してみるのもいいと思いますが、
やはり理想は自分のスタイルや戦法の中に取り入れられそうな箇所を探し、
自分に合った形で取り込むのがベストだと考えています。

動きや戦法は人それぞれ。
矯正しなければならない部分や微妙な箇所を修正し、
各々の立ち回りを構築する手伝いになればいいなと。

おれの立ち回りが100%正しいって訳でもないですし、
あくまで一個人の意見として参考にして下さい。


前置きが長くなりましたが、それではベガ対策いきましょー


■ベガ戦の心得

まず最初に。
ベガ戦で心がけておきたい、というか肝に銘じておきたいことは、

『端に追い込まれると死ぬ』

ということ。今更言うまでも無いかもしれませんが、
ベガの端はめちゃくちゃ強い部類。
端でこけたりニーをガードしてしまうと、
死ぬは言い過ぎにしても被ダメージは免れないと思います。

当然向こうはそれを狙ってきます。逆にこちらは何としても避けたい。
立ち回りで端に追い詰められる=どこかでミスがあった、ということ。
追い詰められたら負け!くらいの心構えで。


■開幕

特に、これといって有効な選択肢がお互いあるわけではないかと。
こちら側の狙いとしては、出来るだけ早く、
出来れば安全に気功拳(以下弾)を撃ちたいなといった感じ。

弾が出た時点で相手が地上にいる場合、
相手は弾に対して何らかの対処をしなければならず、
こちらは次の弾の溜めを作りつつ相手の対処を観察することが出来たり、
前に出て距離を詰める(=画面端から遠ざかる)事が出来ます。

これは弾持ち全般に言えることで、別につんりに限ったことではありませんが、
つんりでのベガ戦ではすごく重要なこと。

弾無しでの地上戦の相性はまあそこそこ。
ただ、ベガにはなくてつんりにはある弾を前に出すことで、
安全とまでは言いませんがかなり有利な状況を作れることは確か。

ベガ戦は地味に安全球を撃つのが難しい組み合わせ。
でも逆に出てしまえば、少なくとも弾がベガの前にある間はかなり向こうが窮屈になるはず。
いかにこの状況を多く作り出すかがベガ戦のカギかなーと個人的には思っています。

てなわけで強気の開幕と同時の弾も悪くないけど、
跳ばれた時の精神的ダメージと状況が終わるのでほどほどにw

今回は弾メインで攻略を進めて行きますー

■遠距離

☆弾の撃ち方、安全球・危険球の見極め

ってな訳でまずは弾の撃ち方。
まず、『安全球』の定義から。

これは文字通り、つんりの弾の硬直が解けるまでの間、
絶対にダメージを食らわずに安全に発射できる弾のこと。
これには結果ではなく、ifの場合も含まれます。

例えば中間距離でお見合い中、相手の跳びが通る距離で弾を撃つ。
結果的に相手がこれに対して動かず、ノーダメージで弾を撃てたとしても、
これは安全球ではありません。

『もし相手が跳んできていたら被ダメージがあった』

という可能性があるからで、ダメージを食らう可能性がある以上、
これは安全球ではなく危険球と定義されるわけです。

ベガ戦は完全な安全球を撃つのがなかなか難しい組み合わせ。
普通のキャラなら端-端は大抵安全球が撃てるんですが、
この距離で相手がノーゲージでも、下方向の溜めが完成している場合、
ヘッドプレスを食らう可能性がある=安全球ではないというわけです。

そんな訳でこれは危険球!と言った状況をまとめてみます。

・跳びが届く間合い
・セービングアタックが届く場合
・ある程度以上遠距離(弾の出始めに引っかからない程度)で下方向の溜めが完成している
・ゲージが一本以上あり、後ろ方向の溜めが完成している

多分他にもまだありますがこんな感じで。
これだけの条件のうち、どれか一つが成立すればそれはもう危険球。
まーぶっちゃけると、相手が徹底していた場合、
完全な安全球っていうのはそうそう撃てません。

特に一番下、ゲージが一本以上ある場合の
後ろ溜めが完成している場合ってのが地味にやっかいだったりします。
つんりが連携でよく使う、小技2~4発>遠中P>弾、っていう連携ですら、
相手がしっかり意識を割いている場合、
EXニーで『見てから』抜けられて被ダメージ+吹っ飛びで端が近くなります。
他にも端-端近くで相手が触る為だけに打ったEXサイコに弾がかみ合うと、
有利状況を作る為に撃った弾で一気に状況が悪くなります。

安全に立ち回りを進める為の弾が原因でダメージを食らっていたら話になりません。
本末転倒ってやつです。しかし完全な安全球は撃ちにくい…となればどうするか。

といっても特別な解答があるわけではありませんw
答えは数少ないチャンスを見逃さないことと、読み(妥協)ですね。

チャンスを見逃さないのは当然のこと。
先に端-端で下溜めがあれば安全球は打てない、と書きましたが、
ここで相手が一歩でも前に歩いた瞬間、
完全な安全球を撃てるチャンスが来るわけです。

そして読み。
下溜めがある状況=ヘッドプレスが来る可能性があるので危険球と書きましたが、
当然ヘッドプレスはノーリスクな技ではありません。
ベガ側からすると弾一点読み(距離や状況にもよりますが)のぶっぱなし。
下がられてたら着地硬直にフルコン喰らいます。
ではこれをする(してもよい)、しなければならない状況というのを考えてみると、

・体力差があまりなく、なおかつ体力が結構残っている場合
・体力リードされていて、どうしてもペースを握りたい場合

といった感じになるのでは、と。
ベガ側が体力リードしてる時はこんなぶっぱやる必要ないですしね。
まあこれはただのセオリーですが、

『○○で××だからここでは弾が撃てる!』

といった感じで、自分である程度理論立てておくことは大切。
負けた原因や読み負けたポイントが後でわかりやすいです。

遠中P>弾だって、相手の攻略レベルが低くて、
そこで割り込むという意識がなければ安全球。
端-端のEXサイコだって、一度しっかりリスクを負わせることが出来れば、
相手が萎縮して撃てなくなるかもしれません。

体力や状況、相手の癖を読んで弾を撃っていきましょう。
ただ、相手も人間。こちらの癖を読もうとしてくるって事もお忘れなく。


☆弾対策の各行動の対処

〇前跳び

J攻撃が当たる距離ではベガ側の最もハイリターンな行動。
しっかり落としてしっかりリスクを負わせましょう。
ベガ戦で使う対空は、

・春サマー(3小K)
・J大PTC
・中足(めくりに対して)

の3つでいいと思います。
これらが間に合わない時は、セビ関連でうやむやにするのもたまにはあり。
ただ、絶対に乱用するべきではありません。
白ゲージを背負って接近戦をするリスクが高すぎる。

それでは各対空の説明。


・春サマー

まず、一番最初に持ってきた春サマー。
これが個人的にはベガ戦では最重要の対空。
使ってる人をあまり見ませんが、J大PだろうがJ中Kだろうが全部落とせます。
どれくらい重要かというと、

『これで対空しなかったらベガ戦不利だろ』

と思ってるくらいは重要w
遠目の空ジャンプと露骨なめくりに対して少し弱いですが、
それ以外にはほぼ完全対空。


・J大PTC

おなじみハイリターンな空対空。
サマーとこれの使い分けで正面からの跳びはほぼ全部落ちます。

ベガの跳びなんてふんわりだしこれ一択でいいじゃん!
って思う人もいるかもしれませんが、それは間違い。
空対空に関してはベガ側の早出しJ中Kとかなり相性が悪く、
持続がぎりぎり地上のつんりに当たるように出されると、
これだけで空~地上を制圧されてしまうくらいきついです。
ストⅣはこれとJ大Pを混ぜられるだけでめちゃくちゃきつかった…。

サマーは早出しJ中Kとかなり相性がよく、適当に出しても負けませんw
なので少し落とすのが難しいJ大Pや空ジャンプを相手に使わせることで、
J大Pの空対空が生きるというわけです。


・中足

めくりJ中Kに対して、少し前に潜ってから着地に重ねる感じで。
意識配分が難しいのでおれもあまり出来てませんが、
リターンが高くかなり強い対空。

ここからは大百>中持続等の百裂コンボにつなげて、
しっかりとダメージを取っていきましょー


○セービングアタック

中距離で溜めてるのが見えたら遠中P>EX百が理想。ただ、これは難しいw

セービングアタック自体が届く距離なら、
垂直ジャンプやバクステなど普通の対処を。
下手に動かずガードした方がいい場合もありますが。

セービングアタックが届かない距離の場合はセビ前ステに集中。
確定しなくてもいいからきちんと技を置いて止めたいところ。
こちらに後ろ溜めがある場合、相手の前ステに通常技>弾はほぼ安全球。

弾を追いかけている時にセビられた場合の対処とかは後述。


○ヘッドプレス・デビリバ

モーションが一緒なのでまとめて解説。
ここでは弾に合わせようとしたぶっぱへの対処を。

ヘッドプレスに対しての最大リターンは当然後ろ歩きでスカしてフルコンなんですが、
これがヘッドじゃなくデビリバだと着地硬直がほぼなく、
いきなり接近戦に持っていかれてしまう。

さすがにこれは面白くない、
ということで安定したいなら空中にいる間に落とすということになるけれど、
攻撃を出すと意外とヘッドプレスに相打ったり、
相手がデビリバだと空振りの隙に派生を食らったりすることがある
(J攻撃を空振るとくらい判定がでかくなる為)

てなわけで、個人的にオススメなのは、
相手が跳んだのを見てからこっちもジャンプで待ち構えての空投げ。
安定するなら垂直J、ちょっと強気にいくなら前J。

デビリバですかされた時は、
着地を狙ってくるならセビ・2中P・中足辺りで対処。
中足は直接当てる以外にも、
早めに出して低姿勢を利用して攻撃をスカす>相手の着地硬直にコンボ、ってことも可能です。


○EXサイコ

端-端近くでの弾読み兼、
持続部分をガードさせての有利フレームからの接近戦狙いのEXサイコに対して。

最大リターンは読みで垂直Jを置いておくことだけど、
さすがにこの距離でやることではないw

安定するなら後ろいれっぱの後退。
下手にしゃがみガードしようとせずに後ろいれっぱにしておけば、
目の前にベガが着地して硬直に反撃を入れられる。

あとは一応見てからコパでも止められる。
ブランカのローリングを落とすのと同じ原理で。
ここでキャンセル弾を出せたら状況はかなりよくなる。


○EXニー・パニッシャー

これに関しては相手がどれくらい意識しているかにもよるけど、
溜めがある時に弾を撃つなとしか言えないw



…とまあ長くなったのでこんな感じで一旦区切り。
今回は弾を中心に攻略を書いてますが、他と違った感じで少しは面白いでしょうか?w
スポンサーサイト

テーマ : スーパーストリートファイター4
ジャンル : ゲーム

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた【とあるゲーマーの徒然日記】

ちょっと奥さん!ギルティがゲーセンで稼動するんですって!といった表題とは関係ないニュースに興奮を隠せない今日この頃wみんなゲーセンでギルティやろうね!ではでは本題。久々の更新となる今回は、対ベガ戦。地味にver.2012になってから初更新ですねwストⅣの頃から...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えふて

Author:えふて
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。