FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴァイパー対策(中編)

ヴァイパー対策続き。
今回は中距離~近距離の立ち回りとか読み合いとかです。

■中距離

中サンダー先端~密着くらいまで。
この辺からやっとこっちの技が届くようになるw
ただ、それは向こうも同じで、
お互い攻めの選択肢が増えてくる距離。
しっかりここで流れをつかんで、
一気に勝負を決めたいところ。

ヴァイパー戦でこの距離で振っていく技、
やっていく行動はこんな感じかなーと。

・元
・強気功
・遠大K
・遠大P
・覇山
・セビバクステ
・セビ前ステ
・垂直ジャンプ
・前ステ
・バクステ

上から強い選択肢とかではなくて、特に順番は関係無いです。
それぞれに狙いがあって、長所と短所がある感じ。
噛み合わなければ一瞬で体力が溶けちゃうんで、
一つ一つの技の強みをしっかり把握しておこう。

普段使う遠中Pはヴァイパー戦ではやや微妙。
攻撃位置や発生で勝る遠大Pの方が使い勝手は良好。
スパコン溜まってる時はリターン重視で狙うのもいいかと思います。
では順番に解説。


・元

当たれば起き攻め出来る。とても嬉しい。
ヴァイパーの無敵技の強サンダーは発生が7Fと遅いので、
体感でも割と簡単に詐欺跳びを仕掛ける事が出来る。

リターンはかなり高く、技自体の相性もそこそこいい。
ただ、負ける行動がEXセイスモや跳びだったりするので、
振りすぎて読み負けた時の被害がシャレになってない点に注意w

とはいえ起き攻めはやはり魅力的。
適度に狙っていきましょー。

振り方は一歩踏み込んでの差しや、
ギリギリ当たらない距離での置き。
要はいつも通りの使い方で。


・強気功

弾。判定は弾だけにかち合えばまあ負けない。
でも跳ばれたら死にますw

この距離で撃つのは勇気がいるけれど、
跳びと弱サンダーくらいしかまともに負ける選択肢が無いと考えると、
中距離の選択肢の一つとして数えてもいいかと。
跳びを噛み合わされたら死ぬのは元も同じw

他のけん制と違い、EXセイスモに対して強いのもポイント。
相手がセビバクステとかして、ラインを下げてくれるならそれはそれで良しって感じで。


・遠大K
・遠大P

どちらも使い方は同じ。
リーチの先端くらいで適当に振りましょう。

やや上方向に攻撃判定が向いているので、
跳び始めを捕らえてくれることにも期待できる技。

EXセイスモや弱サンダーに弱めだけれど、
振らなければ中距離でのプレッシャーが与えられない。
体力が900と少ないヴァイパーは、
単発ダメ100のけん制を喰らうのはかなり嫌なはず。

前にも書きましたが、この距離でけん制振ってEXセイスモが噛み合うのは、
ある程度は仕方ないと思います。
それにビビッてたら全く動けなくなっちゃうので。

狙われないように他の選択肢も散らしつつ、
有効に使っていきましょー!


・覇山

不意打ちとセイスモに対しての選択肢。
跳びが緩慢な春麗は、跳び込むより強覇山撃った方がいい結果になりやすい。

ガードされたとしても、発生の早い技に乏しいヴァイパーに対して、
小技先端付近で-1Fはそこまで悪い状況じゃないのもポイント。

覇山にヴァイパー側がリスクを負わせようとすると、
垂直ジャンプでの様子見以外、
人にもよるけどそこそこ~ほぼ一点読みの意識配分が必要。
無敵技やダブルキックを合わせらたら完全に意識の読み負け。
そういう相手には前ステがかなりの確率で通るんで、
狙われているなーと思ったら強引に接近戦を仕掛けていこう。


・セビバクステ
・セビ前ステ

どちらもヴァイパー戦ではなかなかに優秀な選択肢。
セビバクステを先に置いたのは、こちらの方が使い方が簡単なので。
セビ前ステは使い方がやや難しい。
白ゲージを背負って接近するっていうのはやはり怖い。

セビバクステでの一番の狙いは、
相手の通常技>キャンセル弱or中サンダーに対してリスクを負わせること。

春麗のバクステだとどちらも当たらず、
硬直に反撃が確定する。オススメは金的。

前進してからのセビバクステを繰り返すだけでも、
相手からしたら相当鬱陶しいはず。
直接中サンダーを出されても、バクステのタイミング次第でかわせたりする。

リスクとしてはその後前進してもやはりラインがやや下がること、
相手に読みきられて通常技>EXセイスモとされるとバクステの硬直に確定すること、
タイミング次第で相手の技が引っかかったりすることなど。
めくり狙いの慣性バニにもちょっと引っかかりやすいかな。

ただ、中距離での他の選択肢に比べるとリスクは低め。
相手が対応してこないのなら、かなり多めにしていい行動だと思います。

逆にセビ前ステは使い方が難しいけれど、攻めの一手としては強力。
ヴァイパーに対しては、何か通常技に対してセビ前ステ>最速で中足と入力すると、
キャンセル中サンダーはくぐって確定、
EXセイスモに対してもカウンターが取れる選択肢になる。

相手が技を出してなかった場合は強引に接近戦を仕掛ける感じで。
セビバクステが負ける行動に対しても強いのがポイント。
ハイリスクハイリターンな選択肢ではあるけれど、
ここぞという時に使って攻めていきたい。
狙いすぎて自滅しないように注意w


・垂直ジャンプ

地上戦での弱や中のサンダー、跳びに対して置いておく感じで。
特にサンダーに上手く噛み合えばかなり美味しい。

ただ、やりすぎは禁物。
動きが単調になるので狙われやすい。

あとヴァイパー使いは空対空の強Kがやたら反応早いんで、
こちらも出来るだけ早くボタンを押すようにしましょうw


・前ステ

相手が様子見してる時に仕掛けて接近戦に。
覇山をある程度見せてると通りやすい。


・バクステ

様子見の選択肢だけど、ヴァイパー戦ではそこまで強くない、
というかEXセイスモに引っかかりやすい。

五分付近の状況から単純に距離を取りたいのなら、
ヴァイパー戦ではバクステよりバックジャンプの方が良かったりする。

それでもバクステを使う利点としては、
相手の技を空ぶらせた時に反撃を入れられる場合があること。

バニやサンダーをすかした時は、意識してしっかりと反撃を。
元や金的でダウンを取って、起き攻めを仕掛けましょー。


…といった感じで、選択肢をしっかり散らして相手に的を絞らせないように。
こちらとしてはリスク低めの選択肢で相手の様子を見ながら、
何を狙っているか、どこに意識配分を割いてるかを見極めて攻めたい。

この距離で読み勝った方が接近戦でアドバンテージを取れると考えると、
中距離戦はかなり重要だと思います。


■近距離

密着付近。いつも書いてるように、この距離はどちらかが択を仕掛けている時のはず。
ここでは択の仕掛け方やしのぎ方を。

・攻勢時

①起き攻め

まず始めに一言。
ヴァイパーはリバサ行動が多く、全対応は無理!w
それでもリスクを抑えつつ、しっかりとリターンが取れる攻めを仕掛ける事は可能。
強い選択肢を主軸に、相手の行動を見て崩していきましょー。


・詐欺跳びから入る場合

元や投げ、EX百裂でダウンを取って上から攻める状況。
ここでオススメなのが、詐欺跳びのJ大Kに一瞬遅らせての4+大K仕込み。

具体的には詐欺跳びから、強サンダーをガード出来るタイミングの大Kを仕込む。
慣れないとタイミングがやや難しいんで、トレモで要練習。

これが出来ると強サンダー、EXバニはガードして反撃、
バクステに対しては遠大Kが出てバクステ狩り、
EXセイスモには近大Kがカウンター>確認してコア>EX百裂、って攻めが出来る。
単純なリバサに対してはかなり強い選択肢。

負ける選択肢はEXセイスモキャンセルとかそんなの。
セビバクステは相手のバクステのタイミングと、
こちらが着地後にどの技を出すか次第であやふやな感じ。

何にせよ相手にかなり不自由な択を強いることが出来るので、
覚えて絶対に損は無い選択肢。
ただ、仕込みに集中しすぎて、ガードやヒットされた時に択に行けない!
ってなったら本末転倒なので注意しましょうw

②地上から仕掛ける場合

覇山とバニ擦りが相性最悪なせいで、
地上から起き攻めは仕掛けにくいと思われがちですが、
有効な起き攻めはしっかりあります。

・小技仕込み近大K>近小P
・ちょっとガード後に近大K

マイナーですがこの二つの選択肢が個人的にはオススメ。
しかしどちらもいきなり実戦で使うにはやや難易度が高め。

よく対策として挙がる、強サンダーすかしの中足重ねは微妙だと思ってます。
強サンダーセビ前ステを完全に読みきった時くらいしか使わなくていいんじゃないかなーと。
理由はガードされた時の状況が微妙で、ヒット確認してリターンを取るのが難しい。
バニ擦りに対応が難しい、(セビ)バクステに対して弱め、といった感じなので。

総合的に見て、サンダー読むなら他にもあるでしょ、って感じかな。
ではでは先に挙げた二つの選択肢の説明を。

・小技仕込み近大K>近小P

地上からの小技に近大Kを仕込む起き攻め。
強サンダーとウルコンに負け。
セビバクステとEXセイスモフェイントであやふやにされる以外に大体勝ち。
(有利Fなど状況での勝ちも含む)

この起き攻めのどこが難易度が高いかというと、
近大Kは「エミリオ式で仕込むのはダメ」ということ。
ここはかなり重要。

何故ダメかというと、いつものように小足に元を仕込むタイミングのエミリオだと、
EXセイスモに対して近大Kが間に合わず、
カウンターを喰らってしまう事が多いのです。

ではどうやって仕込むのか、と言われたらずらし押しで仕込む。
具体的には、

コパor小足>立って大K>小P

これらを同時押しではなく、しっかりそれぞれのボタンを押して入力しましょう。
ボタンを押すタイミングとしては、タンタタン、って感じかなー。
小技と大Kを入力するタイミングより、大Kから小Pを入力するタイミングの方が早め。

これでガードorヒット時に小技>近小Pで有利が取れて、
何らかの方法で相手が最初の小技をかわした時に大Kで相手の行動が狩れれば成功。

具体的にどんな行動どうやって勝てるかというと、

バクステ → 小技をかわされた後、遠大Kでバクステ狩り
バニ擦り → 小技をかわされた後、近大Kが空中カウンター
EXセイスモ→ 近大Kが発生前にカウンター>確認できればさらにコア>EX百など
EXバニ  → 最初の小技でスカって裏に>裏から近大Kが空中ヒット

てな感じ。これでヒット時に確認からコンボ、
ガード時に連携に行ければ完璧。
さすがに完璧にこなすのは難しいですがw

先に挙げたように強サンダーやウルコンには負けるんで、
そのあたりはご注意を。ただ、勝てる選択肢の多さからすれば、
かなり強力な起き攻めなのは間違いないので、
是非使ってほしいなーと思います。

当然ながら最初に重ねる技は、小足よりコパの方が簡単。
最初はコパ仕込みで練習して、慣れたら小足で仕込んでみるのがいいかと。

…ちなみに、重ね方や仕込みのフレームが完璧なら、
中足重ね>近大K仕込み>コア(中足ヒット時連続ヒット)、ってのも理論上可能です。
というか確認済みなんですが、操作があまりにも難しいのでおれは実戦投入不可能と判断しましたw


・ちょっとガード後に近大K

これは詐欺跳びからの遅め仕込みを地上でやってるだけです。
具体的にはリバサ強サンダーをガード出来るタイミングまでガードして、
(7Fくらいガードして)大Kを押す。これだけ。

強サンダー・ウルコン・バニ擦り・EXバニ・EXセイスモ・バクステに勝ち。
投げ擦りや早めのしゃがグラとかに負け。
セビバクステは相手のタイミング次第であやふや。

勝ち負けの選択肢を見てわかるように、
微妙に先に挙げた起き攻めと対になってるのがポイント。
近大Kが空中で当たったときは復帰攻め、
カウンターで当たった時は意識してコンボを繋げましょー


これらの起き攻めがガードやしゃがグラ等、
普通の防御であまりにも凌がれるようなら、
こちらも普通に覇山などの択を仕掛けていく感じで。

紹介した二つの起き攻めが完璧ってわけではないんで、
過信しすぎないようにしてくださいね。


他に起き攻めネタ。
起き攻めの小技をガードさせた後に、
バニやEXセイスモを擦られると地味にうっとおしいんですが、
これらを読みきったら、小技から3大Kで!

バニ擦りとEXセイスモに対して最大リターン。
小技2発くらいからだと、ガードやヒットにも期待出来ます。
バクステとかには無力なんで、あくまでも一点読みになりますが。

リターンは特大なんで、相手の防御を見極めて是非使っていきたい選択肢です。
当てた時が気持ちよすぎてやばいw
当てたら大体そのラウンドはもらったようなもんですしねw


…てなわけで、今回はここまで。
次回は相手の起き攻めの凌ぎ方や特定の状況での読み合いの仕方、
ネタなどを紹介する予定です。
スポンサーサイト

テーマ : スーパーストリートファイター4
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

更新

密かに楽しみにしています。表に出ないだけで、仕込みとか意識配分とかに悩むプレイヤーは沢山いると思いますし、自分もその一人です。文章にすることって大変だと思いますが、これからも頑張って下さい〜。

初めからこのブログみりやー新キャラの起き攻めのヒントが山盛りやったなw
日本人の春でラティーフに黒をつけたあなたはさすが!今度会ったときに暇ならガイの起き攻めでアドバイス欲しいからまた話し聞いたってw

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

えふて

Author:えふて
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。